煎茶の楽しみ

煎茶は、淹れ方でいろいろな味が楽しめます。
難しい事なんて、何もありません。
ちょっとしたコツとポイントさえ知っていれば、大丈夫。

美味しいお茶を飲みたいなあ~という気持ちと、
良い加減さ(いいかげんさ)が、大事です。

e0270866_10152423.jpg

こちらは、煎茶に、かりんとう&小豆島のオリーブ砂糖漬け&虎屋さんの羊羹です。
「日本茶 茜や」さんにて、頂きました。
美味しかった~。
ありがとうございます。

一煎目の味は、アミノ酸の甘味がたっぷり~。
これが、うまみというものだなあと、しみじみ味わいました。

二煎目は、カテキンなどの渋みや苦味と、甘味が調和した感じ。

三煎目は、すっきりしていて程よい苦味の大人の味。

お茶のミラクルは、淹れ方で自分の好みの味を作れるところ。
そして、淹れる度に、味が変わるところ。

季節や、お茶請け、さまざまな演出。
そんな事でも、お茶の味は、変化します。
正に、生きている自然の恵。

今日も、有難く頂きま~す。

みなさんにも、美味しいお茶淹れて差し上げ(差出し、奉りまする~)たいですっ!
一期一会に感謝です。

[PR]
by ochaya-taiyou | 2012-11-24 10:47 | お茶のこと あれこれ


<< 灯篭 いちょう >>